忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[90]  [91]  [92]  [93]  [94]  [95] 
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:クムン】

遠征中、魔力の暴走で異常な熱を出した妹が数日振りに目を覚ました。
けれど呼べど触れれど反応を示さない。

涙は見せまい。
それが今、できることだと信じているから。

拍手


+ + + + + + + + + +


身体を抱き起こしてやれば、きちんと自力で座ることができる。
何か一言でも発してくれたり、身動きをしてくれればもっと安心できるのだが。

そっと点滴の針を抜いて、痕の残らぬように魔法で癒す。
いつもの明るい表情は無く、瞳にも光は差さず。

「さてスカッシュ……着替えような」

こちらの声が届いているかも分からない。
普段は青で隠されている金の瞳に同じ金が映りこむ。
けれどそれは何も見てはおらず、そもそも見えているのかも分からない。

ゆっくりと服を脱がせて、優しくタオルで全身を拭ってやる。
魔法で済ませれば確かに早いだろう。
だが今は、この子に自分が傍にいると感じて欲しくて。

あまり厚いものは着せない方が良いだろうと、白いワンピースを着せてやる。
袖に腕を通して、整えて。

次に櫛を髪に入れて梳かしてゆく。
昔から変わらない、ウェーブの掛かった癖っ毛。
母上は自分と同じストレートだったが、確かそう祖母上がこんな髪をお持ちであったか。

「……幼い頃は羨ましいとも思ったが、これは確かに手入れが大変そうだな」

そういえば昔はこんな髪型が好きだったかと、緩く束ねて前へと流す。
そして桃色の花飾りを差して、普段から付けているピアスを右耳につけて。

「――ここまで印象は変わるものか」

普段の活発さが見受けられないせいも当然あるだろうが、
それでも随分と印象が違う。
よく言えば、深窓の病弱な令嬢。
けれど今の妹はまるで。

「頼む、こっちを見てくれ……アイシェ」

どことも分からない場所に向けられた視線を遮るように顔を覗き込む。
どこまでも暗く、無を漂うその様は。


……まるで、美しく可愛らしい人形のよう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved