忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[85]  [86]  [87]  [88]  [89]  [90]  [91]  [92]  [93]  [94]  [95
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:ヤンディ】

光と闇の異なる身体と魂。
それを繋いでいた彼が不在となれば……

拍手


+ + + + + + + + + +


突然襲い来る不快感に飛び起きた。
――いや、起きようとした。

けれど身体が重く動かず、久々の眩暈の中で魔法陣を描き出しDを呼ぶ。
これはそう、まるで魂と身体が上手く繋がっていない時の症状で。

おかしい。
なぜ、急に不安定になったのだろう。
特に死神からの干渉があったわけでもない。
Dに何かあったわけでもないだろうに。


「マスター、呼ん――うわ、一大事。
 応急処置するよ、痛いけど我慢してね」


頷けば、途端に走る激痛。
闇に属す魂が光の身体に焼かれ、光に属す身体が闇の魂に侵食される。
故にきちんと繋ぐまで、脳髄を焼くような痛みが全身を支配するのだ。


「――ぐ、う……っは、あ……」
「……一先ずはこれで大丈夫。
 でも、なんで急にこんなことになったのかが分からないな……」


鈍く残る痛みをやり過ごすように大きく呼吸をし、ありえうる原因を探す。
Dが分からないというのならば、彼が知らないところで何かが起こったのだろう。
となれば、神連中の仕業でないのは確かである。
変わらず続く、不快感というか喪失感に集中すれば、その原因にはすぐに思い当たった。


「……テンコ!!」


すぐに様子を見に行かなければと勢い良く身体を起こせば、
眩暈と気持ち悪さで再びベッドに逆戻り。
それでも起きようとしたが、今度はDに止められた。


「――今動いちゃ駄目。
 遅くても昼前までにはちゃんと処置するから、それまではできるだけ大人しくしてて」
「でも」
「でもじゃないよ、テンコに何かあったのかもしれないけど
 マスターにまで何かあったんじゃ動くべき時に動けないでしょ。
 ……放っておくと抜け出しそうだから魔法掛けるよ」
「ちょ……ま、って……」


紫が迸ると、抗えない睡魔に襲われる。
分からない……わけじゃない。
でも、もしも何かあったなら、早く誰かに――




次に起こされたとき、ケルトに聞かされた話がとてつもなく重かった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved