忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[84]  [85]  [86]  [87]  [88]  [89]  [90]  [91]  [92]  [93]  [94
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:スカッシュ】

突然、買い物に行こうと連れ出された。
姉さんとショッピングなんて、いつ振りかしら

拍手


+ + + + + + + + + +


「……買い物って、姉さんの?」
「うん? いいや」

姉さんに買い物に行くからついて来いと言われて、
着いた先はお洒落な洋服屋さん……だったのだけれど。
見渡す限り、シンプルな洋服や小物しか売っていない。
どう考えてもあたしの趣味と言うよりは姉さん向けのお店だ。

客層だって大人しそうな女の子ばかりで、派手な格好の私が浮いてしまうくらい。
少しいいところの、お嬢様が来るようなところであって、
姉さんならともかくあたしは目立って仕方が無かった。

「ふむ……」
「……姉さん、あたし入り口の方で待ってるよ?
 あたしこういうの好きじゃないもん」
「そうか? まぁ仕方あるまい……5分で決めるゆえ待っておれ」
「はーい」

それから、本当にきっちり5分……よりは少し早かったが姉さんは戻って来た。
手に持った袋の大きさからして、買ったのは1着だけだろうか。
普段は倹約と言って自分の服はあまりかわないのに、
少し高いこういうところで買い物をするというのは結構珍しい。

「……結局それ、誰の?」
「お主のに決まっておろうが。ほれ、次に行くぞ」
「えー……って次はどこ?」
「行きつけに連れて行ってくれぬかスカッシュ」

微笑んで言われれば、そりゃ断れるはずも無くて。
今度は一転、肌を多く見せる服の並んだお店に移動する。
姉さんが一体何を考えているのかは分からなかったけど、でも。

「……騒がしいな」
「そういう子が集まるお店だもん……帰る?」
「いや……なぁ、我に合いそうな服はどこだろうか」

控えめに店内を見渡しながら、そんな言葉を落とした姉さんに固まる。
そして静かに額に手を当ててみた。

「――熱はないわね」
「たわけ、熱など無いわ」
「だって、姉さんがこの辺りの服欲しがるなんておかしいものー!」
「いいから案内せよ。お主のセンスで選んではくれないか?」
「うええ……やっぱり今日おかしいわよ姉さん……」

ぴしゃりと怒られたりしたものの、あれでもないこれでもないと洋服を選ぶ。
少しでも露出の無いものをと選べば、もう少し肌を出したいとか言って本当におかしい。
あんまりにうるさいから、あたしが普段着るものに近いものを提示してみた。
そうしたら、また笑ってこれがいいと言った。

まぁどうせ着ないんだろうな、とか思いながらも会計を済ませて外に出る。
今日も空は霞んでいるが、いい天気と言うべき青空。

「……着るの?」
「勿論だとも。たまに、だがな。
 お主もせっかく買ってやったんだから一度くらいは着てくれよ?」

姉さんが選んでくれたのは、
真っ白なワンピースをベースに暖色のフリルがあしらわれたシンプルなもの。
対してあたしが選んだのは、
胸元が大きく開き、他の露出も多い寒色のブラウスとミニスカート。

なんというか、正反対だ。

「なんでまた……そりゃ、着るかもしれないけど」
「それならそれでいい。
 ――少し、やってみたいことがあってな」
「何?」

姉さんの“やってみたいこと”は確かに面白そうだった。
ちょっとした笑いを、最近根詰めているみんなに提供できそうな、そんな気がして。

「でもさぁ」
「うん?」
「それなら洋服交換するだけでよくない?」
「……我の服、お主は入らぬだろう?」
「そんなこと無いわよ」
「主に胸が」
「……あー、そう、ね……入っても服が伸びちゃうか」

ちょっとした悪戯を計画しながら、拠点へ帰る。
みんなを驚かせるために、姉さんと作戦を練りながら。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved