忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[77]  [78]  [79]  [80]  [84]  [85]  [86]  [87]  [88]  [89]  [90
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:ケルト】

元の世界では、ヤンディを忌む人間がほとんどだった。
でも、それでも。
俺は、あいつを信じていたのに。

拍手


+ + + + + + + + + +


ヤンディ達とミナトが衝突して3日が経った。
ミナトは持ち前の回復力と、姫の薬と魔法で動けるまでに回復したがヤンディは未だに目覚めない。
持てる全ての手を尽くしても、起きないのだ。
姫の話では、身体の内部を雷で焼かれており、普通ならば治療不可のレベルらしい。

少しきつめの酒を胃に流し込む。
3年前、ヤンディ達の姿が消えたときにしっかりと探せばよかった。
どうせまた、ミナトと一緒に居るのが嫌で探検にでも出たのだろうと高を括った俺の判断ミスだ。
そう、俺がミナトの言葉を鵜呑みにしていなければ……

後悔はしても仕方がない。
それは分かっているが、それでも思いは積もる。

テンコやスカッシュちゃんの話を元に考えれば、ここから追放すべきはミナトだ。
ミナトは話を聞く限り、悪魔の子に死を望む側の人間。
対して俺達は、悪魔の子であることよりもヤンディを大切にしたいと思う側。
向こうであれば、俺達は異端であるがゆえに自衛を身に付けなければいけない。
だが、この世界においてはミナトの方が異端だ。


「あいつが、過激派なのは知ってたがここまでか……」


だが、追い出したらあいつはどうなる?
元はスラム生まれの、人を殺める賊上がりだ。
恐らくまともな仕事などこなせずに、山賊に身を落としてしまうだろう。
――いや、まぁ元々盗賊なのに何が違うと思う奴もいるだろうが。
とにかく、繋がりを切ってしまうのはこちらにしても痛手だ。
何かで、縛らなければいけない。


「……直属輸送隊が良いところか」


今までは傭兵組合を仲介して依頼していたが、直属輸送隊を持っている部隊も少なくはない。
多少の援助は出るし、生活できないことはないだろう。
直属であれば支援もしやすい。

思わず、ため息が零れた。
ヤンディも、ミナトも守りたい。
だが両者を同じように守るのは不可能だ。
これが俺の限界。


「ミナトが本調子に戻り次第……だな」


離れたくはない。
しかし、ミナトの存在がリスクにしかならないならば……

決断は、俺の責任。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved