忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[74]  [75]  [76]  [77]  [78]  [79]  [80]  [84]  [85]  [86]  [87
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:スカッシュ】

燃えるように熱い。
苦しいの。
こんなの、いつぶりかしら

拍手


+ + + + + + + + + +


「――……」


あつい。

苦手なりにも冷却魔法を部屋に掛け続けて見たが、たいした効果は生まれなかった。
今は氷水をあちこちに当ててはいるものの……


「あれ……もう溶けちゃった……」


十数分もすれば全て溶けきる。
放っておけば沸騰しだす以上早く身体から離さないとまずいのだけれど……
あまりに意識が遠くて、動きたくない。

まだ初夏。満月でさえここまでとは。
帝国と皇国の気温差を考えて、大丈夫と高を括っていたのだけれど……
黒水晶でリミットが外れた魔力は、かつてと同じ熱さをも取り戻した。


「……この近く、川か泉か無かったかしら……」


もういっそ、お風呂に氷水を張ろうかとも思う。
とにかく冷やさなければ身体が熱にやられてしまう。
でも氷水を張って飛び込んだとして……今度は心臓がまずいことになる。


重い身体を無理に起こして、朦朧とする意識のまま風呂場を目指す。
せめてシャワーを。
それから水を飲まないと酷い熱中症を起こしてしまう。
今もその症状が現れ始めてしまってはいるけれど……


「……気持ち悪い」


頭も痛い。
どうしたって付き合わなければいけない事ではあるけれど辛いものは辛いのだ。
雪がない季節は只でさえきついけれど……ついていくと決めたのはあたし。


せめて倒れたりはしないように、気を付けないと。
しっかりと体調を見極めて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved