忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[68]  [69]  [70]  [71]  [72]  [73]  [74]  [75]  [76]  [77]  [78
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:D】

会いたかった。
救いたかった。
なのに、どうして。

拍手


+ + + + + + + + + +


突然、衝撃が来た。
結界に、強く何かがぶつかった。

――見つかってしまった?
いいや、それならばケルトがここまで穏やかに眠っては居ないだろう。
なにが、何が起きた。


「くっそ……!!」


ただひたすらに神の力を組み上げる。
こればかりは人の力を行使したら全てが失われてしまう。
何か無いか。咎められず、中のことを知れる術は!

思考を巡らせる内、眠る2人の指輪が目に入った。
そう、今彼らは全員ボクの守りの中に居る。
ならば、あの結界術に更に術式を加えたら……?


「――……」


人の耳では捉えられぬ言葉を紡ぐ。
妖語・精語・霊語・神語……魔を紡ぐために必要な知識は全て頭に入っている。
これら全ての要素を絡ませ、さらに竜の言葉を紡いだならば?
視界の端で紫が踊る。灰はほんの少しでも混じってはいない。
――覚悟を、決めろ。



一瞬の暗転。
だけれど全てをここに投げてはいけない。
そんなことをすれば、全員の魂そのものが消えてなくなる。

現実に多くの物を残し、あいつがつけているであろう指輪を辿った。
目を閉じ、開ければ。
姿こそ見えなくとも懐かしい気配を、確かに感じ取れた。


「――バーカ、何で来たんだよ」
「……自由を貫けって、そういったのは君だよ」
「心中する気かお前」
「――大丈夫、絶対に誰も傷つけない」


ボクの守りをつけている限り、絶対に。
彼に会いたいと願ったのは、紛れも無くボクなんだから。
ボクの我儘で、誰かを傷つけることはしたくなかった。

そんなことを考えていたら、背後でため息が零れた。
きっと気がついたのだろう、ボクがどんな手段を使ったのかに。


「……同化させるバカがあるか」
「さっきから酷いなぁ、バカとしか言われてない気がするんだけどケイル」
「けっ、お前はどれだけ経とうが俺のクソチビだからな」
「……これからは、ボクが守るから」


そう、人間として生きていた間は守られてばかりだった。
だから、守りたい。
こんな残酷な闇の中で独り放っておくことは、できない。

座っていたケイルが、唐突に立ってこちらを向いた。
指から外されたそれを見て、血の気が引く。


「ば――っ!! 早くつけろ!!!」
「……お前が俺に縛られるくらいなら、俺はここでずっと眠ってる」


結界が、綻び始めた。


「お前が諦めたときが、俺の消失なんだよクソチビ」
「え――」


突き返された指輪を、思わず受け取ってしまう。


「俺は忌々しい神連中と契約を交わした。
 ――混沌の世となるか、望む世となるか、その目で確かめろ」


闇が、ケイルを捕らえて引きずり込み始めた。
必死に手を伸ばしても、意識の破片でしかないこの状態で触れることはできない。


「覚えておけD。俺はお前がお前の望む世を作り出せると信じてる。
 だからこそ、俺は神共を相手にして、お前に俺自身を掛けた!
 お前なら絶対に、竜の望む世界にできる。その日まで絶対に諦めるなよな」


くるりと身体の向きを変えられ、背を押された。
現実に引き戻される感覚に、なんとか抗おうと身体を捻る。


「――ケイル!!」
「またあおうぜ。お前が、お前の望む日を作れた時に。
 ……その時は、一緒に還ろう。あるべき場所によ」


闇に囚われ、消えるその姿に必死に手を伸ばす。
けれど届かず、伸ばした手が解けていってしまう。


「……待ってる、いつまででも永遠に」


どこか寂しげな声を最後に、全てが暗転した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved