忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[67]  [68]  [69]  [70]  [71]  [72]  [73]  [74]  [75]  [76]  [77
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:ケルト】

拠点に帰って、飛び込んできたのは親友の危機。
思わず飛び出した。

※天狐さん(1x90)のシェザさんをお借りしております。

拍手


+ + + + + + + + + +


良く考えれば、気が付けたはずだった。
そう、俺はなんでこの可能性があることに気が付けなかったんだ。


自分の事で手一杯だったから?
そんなもの、言い訳にしかならない。
この長い平和な時に毒されてしまったのだろうか。
少なくとも以前ならば気が付けたであろう予兆は確かにあった。
そして、それを裏付ける確かな事実も。


ミレーネが、その力を封じられた。
テンコが、長い期間戦うことを強いられた。
2人が被害に遭っていて、何故あいつだけが無事でいられようか。
いくら神の血を引いていようとも、これ程までに強い“世界”に抗えるものか。


気が付いていても、確かに俺には何をすることも出来なかっただろう。
けれど、けれど忠言くらいはできたはずだ。
そうすれば、この事態だけは防げたかもしれない。



「――ダメだ、今は、走れ」



どれだけ後悔したところで時間は戻らない。
今俺に出来ることはただがむしゃらに走ることだけ。
そして、とにかく側に居たかった。



まだ、何も返せていない。

まだ、お前と話していたい。

まだ、背を預けて共に戦いたい。

杯を交わして、どうでも良い話をして、時には重要な話をしながら。




シェザ、我が親友よ。
お前を失いたくないというこの思いはどうすれば良い?


――今は、祈って走ることしかできない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved