忍者ブログ
英雄クロニクル/サクセス鯖 女神の誓(1uxv)の主にSS置き場。

* admin *  * write *  * res *
[65]  [66]  [67]  [68]  [69]  [70]  [71]  [72]  [73]  [74]  [75
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【視点:D】

まったく、また認めたくない未来を見てしまったらしい。

拍手


+ + + + + + + + + +


風が吹いた。


「――紫苑、何が見えたの?」


答えはない。


「……なんで、ずっと寝ているんだ」


紫の運命竜の仕事は眠り、未来を見ることだと分かってはいるけれど。
少し前までとても楽しそうにしていた茶会の誘いが無くなった。


「――……」


君の、悪い癖だ。
望まない夢を見て、次は違う未来が見えるのではと渇望し眠る。

一体、何を見たんだ。
話してくれさえすれば、その未来を少し逸らすことくらいならできるのに。
この世界の出来事ならばともかく、あっちならば。
竜のキャンバスの名を冠すあの世界ならば、君の思う未来が描けるだろうに。


「起きて」


いつまでも、悪夢に囚われていないで。


「紫の竜は、いつまでそうしているつもり?」


運命は流転するのだと、君が教えてくれた。


「ボクが、変えてみせるから」


竜が望む世界へ導くことこそ我が存在意義。
だから、



「教えて」


紫の女の子が、目の前に立つ。
その子が紫苑であり紫苑でないことは分かっている。


「―――、D、―――」


泣きじゃくる中で聞き取れたのは、自分の名だけ。
ああ、まったく彼女と来たら。


「……分かりません、我が主よ。ご指示は、明確にお願いいたしたい」


ふるふると、首を振って消えてしまった。
風が紫を運んでいった。


「……ねぇ、本当に。本当に何が見えたの?」




彼女がああも頑なに未来を口にしようとしないのを見るのは、初めてだった。
いつもはそう、嫌な夢を見たと詳細を語ってくれるのに。


……何が起こっても良いように、用意だけはしておこうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ティス
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/05/10
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 紫苑竜の本棚 All Rights Reserved